理事長あいさつ

「風に立つライオン」というさだまさしさんの歌に忘れられない一節があります。

「僕たちの国は残念だけれど、何か大切なところで道を間違えたようですね」

今、私の住んでいる日本は道を間違えた?
国際ニュースでは貧しい国や戦争の絶えない国の報道が続きます。
そんな国と比較して、日本は決して間違った道を歩んだ国とは思えません。
では、いったいどこで道を間違えたのでしょうか。

生涯学習サポート兵庫では
「あそび」を追求しています。
「あそび」とは何か。
追求して考えてみると
「あそび」とは「過程」そのものです。

「あそび」とは行った「結果」よりも、
どういう方法やどんな気持ちでそれを行ったかが大切です。

今の日本の社会の中では
あらゆる「結果」を重要視し、
結果に至る過程を完全に無視しています。

手作りよりも費用、コミュニケーションよりも時間、気持ちよりも数や容姿・・・。
過程は見えません、数値化できません。
だからどんどん無視されていく一方です。
これはどこかでバランスを取り直さないといけない。
もっと陰に隠れている気持ちや方法を大切にしていかないといけない。
ここがきっと私達の国の間違ったところです。
私はそう信じています。

理事長 山崎清治
生活の中で「あそびゴコロ」を取り入れてみよう。
過程を大切にしてみよう。
きっと見えなかったものが見えてくるに違いない

「あそび」というオモリを使って
「結果」という方向に傾きすぎた、「日本社会」というヤジロベエの
バランスをとりなおしたい。
それこそが生涯学習サポート兵庫の永遠の命題です。
「あそび」はあくまでツールだけど
必ず何かを思い出す、
そんな「あそび」を生涯学習サポート兵庫は
これからも提供し続けて参ります。